利尻ヘアカラー!汚ったない白髪を色落ちなしで染める

白髪で汚くなった髪を自然で綺麗な髪の毛に染めるなら利尻ヘアカラートリートメントがお勧め!色落ちなしで綺麗な髪の毛に染まる

利尻vsラサーナヘアカラートリートメント!効果や値段を徹底比較!

2017年02月05日 01時48分

siraga.jpg


 良く染まる、市販の白髪染め。


市販の白髪染めは、使い続けているうちに、髪がツヤを失います。


白髪は目立たなくなったものの、髪の毛がバサバサするのが、
市販の白髪染めで白髪を染めた時の悩みです。


中年になったら、髪のツヤが、ただでさえイマイチになります。


白髪染めで髪がバサバサになるのは、避けたいところ。


髪に優しい白髪染めとして、人気が高いのが、
トリートメントタイプの白髪染め。


そして、天然由来の色素を配合している品。


そうした条件をクリアしているのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」
「ラサーナヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!最初の染まり方は?

rijiri_21.jpg


女性が重視するのが、最初に使った時に、
どのくらい染まるかということです。


忙しい中年女性。


美容院で白髪染めをしない理由の1つは、時間が取れないこと。


自宅で染める場合も、早く綺麗に色が入るものが、ベスト。


  初めて使った時に、色が良く入るのは、
「ラサーナヘアカラートリートメント」です。


「ラサーナヘアカラートリートメント」は、
1回目から、かなり満足いく染まり方をする
と、
口コミで高く評価されています。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
明るい色だと、1回目には、ほとんど色が入らない
感じです。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!成分の安全性は?

shiraga_77.jpg


市販の白髪染めには、必ず配合されていると言ってよいジアミン。


ジアミンは、「利尻ヘアカラートリートメント」にも
「ラサーナヘアカラートリートメント」にも配合されていません。


  ただし、界面活性剤の配合には、違いが見られます。


「ラサーナヘアカラートリートメント」には、
ステアルトリモニウムブロミドが配合されています。


ステアルトリモニウムブロミドは、髪への吸着を良くする成分です。


刺激が強いことで知られています。


化学合成物質に対するアレルギーを持っている人は、
避けた方が無難な成分です。


「利尻ヘアカラートリートメント」には、
刺激成分は、一切含まれていません。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!色落ちは?値段は?

rijiri_22.jpg
 

1回目から良く染まると評判の
「ラサーナヘアカラートリートメント」



色落ちに関しては、「使用したその日から、かなり色落ちした」
「翌日のシャンプー時にも、かなり落ちる」など、
イマイチとの口コミが、少なくありません。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
使用したその日から色落ちするという口コミは、見られません。


なお、「利尻ヘアカラートリートメント」の
色落ちを減らすシャンプーの仕方は、
他でご紹介していますので、そちらを参考にしてください。


気になる値段は、
「ラサーナヘアカラートリートメント」が
通常価格3024円ですが、初回限定で 2480円。


「利尻ヘアカラートリートメント」が
通常価格3000円ですが、初回限定で2000円です。