利尻ヘアカラー!汚ったない白髪を色落ちなしで染める

白髪で汚くなった髪を自然で綺麗な髪の毛に染めるなら利尻ヘアカラートリートメントがお勧め!色落ちなしで綺麗な髪の毛に染まる

利尻vs泡のヘアカラー!効果や値段を徹底比較!

2017年02月03日 15時17分

siraga.jpg
↓ ↓ ↓
 
rijiri_18.jpg





白髪が気になる30~40代。


定期的に美容院で染めるにも、
時間とお金がかかります。


次に美容院で染めるまでに、
白髪が伸びて見苦しいというのは、
誰もが抱える悩みです。


自宅で簡単に白髪染めをするのに、
最近、人気があるのが、
トリートメントタイプと泡タイプです。


初めて白髪染めを自分でするなら、
泡タイプとトリートメントタイプのどちらが、
扱いやすいでしょうか?


初心者が苦手とするのは、
染めむら無しに綺麗に染めること。


この点で軍配があがるのは、泡のヘアカラー。


泡のヘアカラーの方が、液状のカラーリング剤よりも、
染めむらが起こりにくいとされています。


不器用な人でも扱いやすいのは、泡のヘアカラーです。

 

泡のヘアカラーのメリットとデメリットは?

shiraga_84.jpg


不器用な人でも、染めむらが起こりにくい泡のヘアカラー。


泡が、髪の毛の隅々まで行き渡るのが、
最大のメリットです。


櫛を使わずに染められるので、手軽です。


泡のヘアカラーは、
液状のカラーリング剤を泡状にしたものなので、
成分等は、液状のカラーリング剤と変わりません。


初心者でも、扱いやすいのが、一番のメリットです。


デメリットは、リタッチがうまく行えないこと。


リタッチが上手にできないと、髪が傷みやすくなります。


薬剤によって、髪が脱色しやすくなるのが、
泡のヘアカラーのデメリットです。


泡のヘアカラーには、
トリートメント成分が少ないため、
髪の毛の痛みは、進みます。

 

トリートメントタイプの白髪染めで人気の利尻ヘアカラートリートメント!メリットとデメリットは?

riziri.jpg


トリートメントタイプの白髪染めは、
近年、女性の間で、人気が出ています。


トリートメント効果があり、使うほど、
髪にツヤが出るのが、人気のヒミツです。


白髪染めをしながら、髪にツヤを取り戻したいという、
中年女性の願いを叶えてくれるのが、
トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプの白髪染めの中で、
頭皮に優しいと評判なのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」です。


他の白髪染めでかぶれたことがある人も、
安心して使えるのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」


白髪染め特有の刺激臭がありません。


無臭というのも、高く評価される点です。


「利尻ヘアカラートリートメント」で
気になるという声が多いのが、染まり方。


最初は、色が思ったほど入りません。


特に明るい色を使うと、
ほとんど染まった感じがしないのが、デメリットです。


最初は、暗めの色を使うのが、オススメです。


また、毎日使うと、色が定着しやすくなります。


3日連続して染めると、綺麗に染まります。
 

利尻ヘアカラーvs泡のヘアカラー!気になる値段は?

rijri_2.jpg


泡のヘアカラーでは、
「ヘアボーデ」や「ラサーナ」が人気の高い品です。
 
ヘアボーデ ラサーナ 利尻ヘアカラー
7,980円 3,024円 3,000円

2,000円※1

※1ただし、「利尻ヘアカラートリートメント」は、
公式サイトから注文すると、初回限定で、2000円です。


なお、「利尻ヘアカラートリートメント」を使う時に、
色落ちを減らすシャンプーの仕方を、
他でご紹介しています。


そちらも参考にしてください♪