利尻ヘアカラー!汚ったない白髪を色落ちなしで染める

白髪で汚くなった髪を自然で綺麗な髪の毛に染めるなら利尻ヘアカラートリートメントがお勧め!色落ちなしで綺麗な髪の毛に染まる

利尻ヘアカラー

利尻vsくろめヘアカラートリートメント!効果や値段を徹底比較!

2017年02月07日 09時49分

siraga.jpg


市販の白髪染めで、頭皮にヒリヒリ感を感じた女性は、少なくありません。


かぶれる不安から、トリートメントタイプの
白髪染めに替えたというケースが、増えています。


せっかくトリートメントタイプに替えたのだから、
思いきり頭皮に優しいものを選びたいということで、
無添加の白髪染めを検討した時、候補にあがるのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」「くろめヘアカラートリートメント」です。
 

利尻ヘアカラートリートメントvsくろめヘアカラートリートメント!どのくらい続けると染まる?

rijiri_26.jpg


トリートメントタイプの白髪染めは、すぐには色が入りません。

最初のうちは、毎日使うのが、好ましいとされています。


染まったと実感するまでの日数は、
「利尻ヘアカラートリートメント」が、3日。


トリートメントタイプの白髪染めとしては、平均的な日数です。


「くろめヘアカラートリートメント」は、
1週間使うことが推奨されています。


ただし、実際に「くろめヘアカラートリートメント」で
染めた人のブログを見ると、2週間かかっています。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsくろめヘアカラートリートメント!トリートメント効果は?

shiraga_85.jpg


トリートメントタイプの白髪染めに期待するのが、
髪のまとまりやサラサラ感です。


サラサラになると、評判がより高いのは、
「くろめヘアカラートリートメント」。


「利尻ヘアカラートリートメント」も、
トリートメント効果は定評があります。


「くろめヘアカラートリートメント」の方が、
口コミで高い評価を得ています。


「使っているうちに、健康的な髪の毛に変わってきた」と好評です。


「くろめヘアカラートリートメント」には、
ジラウロイルグルタミン酸Naという成分が含まれています。


この成分が、短時間で髪の傷みを修復するとされています。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsくろめヘアカラートリートメント!色落ちは?値段は?

siraga_5.jpg


トリートメントタイプの白髪染めでは、
色落ちが問題になります。


特に、色落ちで問題が大きいのが、
「くろめヘアカラートリートメント」です。


色落ちが早いという口コミが、多数見られます。


染めた翌日には、かなり色が落ちます。


色が入った後も、2~3日おきのケアが必要です。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、色が入ったら、
1週間に1回のケアで済みます。

 
  利尻 くろめ
通常価格 3,000円 3,250円
初回限定 2,000円 2,980円
返金保証 あり あり



 


 
 

利尻vs大島椿ヘアカラー トリートメント!効果や値段を徹底比較!

2017年02月06日 07時47分

siraga.jpg


トリートメントタイプの白髪染めは、
市販の白髪染めのヒリヒリ感から、
解放されたい女性に選ばれています。


頭皮に優しい白髪染めを選ぶ女性が、
避けている成分の1つが、パラベンです。


パラベンフリーは、敏感肌でも安心して使える基準になっています。


トリートメントタイプの白髪染めの中で、
パラベンフリーをウリにしているのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」と
「大島椿ヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs大島椿ヘアカラートリートメント!どのくらいで色が入る?

rijiri_23.jpg


トリートメントタイプの白髪染めは、
なかなか1回目には色が入りません。


色が入るまでは、毎日使い続けるのが、コツ。


色が入るまで、何日くらい続けて使うと良いかで、
トリートメントタイプの白髪染めの評価は、だいたい決まります。


「大島椿ヘアカラートリートメント」は、
5日は使い続けることが大切です。


3日目には、なんとなく染まってきますが、淡い感じです。


しっかりと色が入ったと感じるのは、5日目です。


「利尻ヘアカラートリートメント」では、
3日目には、しっかり染まった
と感じます。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs大島椿ヘアカラートリートメント!髪のしっとり感は?

rijiri_25.jpg


トリートメントタイプの白髪染めで期待するのが、
使った後のしっとり感です。


髪がつややかにまとまりやすくなるのを期待して、
トリートメントタイプの白髪染めを選ぶ女性は、少なくありません。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
使った後に髪がツヤを取り戻すと、口コミで評判です。


「大島椿ヘアカラートリートメント」は、
椿油が配合されている割には、軽い仕上がりで好評ですが、
ポリマー類が少ないためか、もつれが起こりやすいのが、気になるところです。


特に、太くて硬い髪の場合、
すすいだ後には、コンディショナーを使う方が良さそうです。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs大島椿ヘアカラートリートメント!色落ちは?値段は?

rijiri_24.jpg



トリートメントタイプの白髪染めは、
色が入っても、1週間くらい経ったら、
ケアをするのが、普通です。


それくらいの間隔でケアをしていると、
綺麗な状態をキープできます。


次のケアをいつにするかを決める基準になるのが、色落ち。


「大島椿ヘアカラートリートメント」は、
色落ちしやすいのが、気になるところです。


染まった後も、2日に1回の頻度でケアする必要があります。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、1週間に1回程度で済みます。


「利尻ヘアカラートリートメント」については、
色落ちを減らすシャンプーの仕方を、別にご紹介しています。


そちらも参考にしてください。


値段は、「利尻ヘアカラートリートメント」が、
通常価格3000円ですが、
公式サイトから購入すると、初回限定で2000円。


「大島椿ヘアカラートリートメント」は、2415円になります!


 


 

利尻vsラサーナヘアカラートリートメント!効果や値段を徹底比較!

2017年02月05日 01時48分

siraga.jpg


 良く染まる、市販の白髪染め。


市販の白髪染めは、使い続けているうちに、髪がツヤを失います。


白髪は目立たなくなったものの、髪の毛がバサバサするのが、
市販の白髪染めで白髪を染めた時の悩みです。


中年になったら、髪のツヤが、ただでさえイマイチになります。


白髪染めで髪がバサバサになるのは、避けたいところ。


髪に優しい白髪染めとして、人気が高いのが、
トリートメントタイプの白髪染め。


そして、天然由来の色素を配合している品。


そうした条件をクリアしているのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」
「ラサーナヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!最初の染まり方は?

rijiri_21.jpg


女性が重視するのが、最初に使った時に、
どのくらい染まるかということです。


忙しい中年女性。


美容院で白髪染めをしない理由の1つは、時間が取れないこと。


自宅で染める場合も、早く綺麗に色が入るものが、ベスト。


  初めて使った時に、色が良く入るのは、
「ラサーナヘアカラートリートメント」です。


「ラサーナヘアカラートリートメント」は、
1回目から、かなり満足いく染まり方をする
と、
口コミで高く評価されています。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
明るい色だと、1回目には、ほとんど色が入らない
感じです。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!成分の安全性は?

shiraga_77.jpg


市販の白髪染めには、必ず配合されていると言ってよいジアミン。


ジアミンは、「利尻ヘアカラートリートメント」にも
「ラサーナヘアカラートリートメント」にも配合されていません。


  ただし、界面活性剤の配合には、違いが見られます。


「ラサーナヘアカラートリートメント」には、
ステアルトリモニウムブロミドが配合されています。


ステアルトリモニウムブロミドは、髪への吸着を良くする成分です。


刺激が強いことで知られています。


化学合成物質に対するアレルギーを持っている人は、
避けた方が無難な成分です。


「利尻ヘアカラートリートメント」には、
刺激成分は、一切含まれていません。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!色落ちは?値段は?

rijiri_22.jpg
 

1回目から良く染まると評判の
「ラサーナヘアカラートリートメント」



色落ちに関しては、「使用したその日から、かなり色落ちした」
「翌日のシャンプー時にも、かなり落ちる」など、
イマイチとの口コミが、少なくありません。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
使用したその日から色落ちするという口コミは、見られません。


なお、「利尻ヘアカラートリートメント」の
色落ちを減らすシャンプーの仕方は、
他でご紹介していますので、そちらを参考にしてください。


気になる値段は、
「ラサーナヘアカラートリートメント」が
通常価格3024円ですが、初回限定で 2480円。


「利尻ヘアカラートリートメント」が
通常価格3000円ですが、初回限定で2000円です。


 


 

利尻vsスカルプDヘアカラートリートメント!効果や値段を徹底比較!

2017年02月04日 12時51分

siraga.jpg


白髪染めは、現在、2つの選び方があります。


1つは、1回でバッチリ染まることを重視した選択。


もう1つは、髪と頭皮の健康を重視した選択です。


1回で染める場合、髪や頭皮への負担は大きくなります。


かぶれる心配もあります。


髪と頭皮の健康を重視すると、1回では良く染まりません。


3回くらいは、続けて染めることが、必要になります。



近年の白髪染めの主流は、
髪と頭皮の健康を重視した選択。


多くの女性が、髪と頭皮の健康に、関心を払っています。


白髪染めは、白髪が染まるだけでは満足できない。


それが、女性たちのホンネです。


白髪を染めるとともに、ツヤを失った髪に、
輝きを取り戻したい。


そんな願いから、最近は、
トリートメントタイプの白髪染めに人気があります。
 

利尻ヘアカラートリートメントvsスカルプDヘアカラートリートメント!色の入り方は?

rijiri_19.jpg


染色成分も保湿成分も、天然由来のものを使用している、
トリートメントタイプの白髪染めとして、
人気が高いのが、「利尻ヘアカラートリートメント」
「スカルプDヘアカラートリートメント」です。


ウリが同じ2つの品、色の入り方は、どうでしょうか?


  実際に使ってみて、最初から色が入りやすいと評判が良いのは、
「利尻ヘアカラートリートメント」です。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
髪をコーティングするマニキュアタイプです。


「スカルプDヘアカラートリートメント」よりも、
色は入りやすいという口コミが多く見られます。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsスカルプDヘアカラートリートメント!色持ちは?

rijiri_20.jpg


色持ちは、口コミでは、
「スカルプDヘアカラートリートメント」
の方に軍配が上がります。


「スカルプDヘアカラートリートメント」は、
コラーゲンの働きで色素が浸透するため、
キューティクルの間に色が残りやすくなっています。


「スカルプDヘアカラートリートメント」は、弱アルカリ性です。


PHは8、髪のキューティクルを開きます。


そのため、染料が入りやすくなっています。
 

利尻vsスカルプDヘアカラートリートメント!トリートメント効果は?値段は?

rijri_2.jpg



トリートメントタイプの白髪染めを選ぶ際に、
重視されるのが、トリートメント効果です。


トリートメント効果については、
「利尻ヘアカラートリートメント」の方が、
口コミで高い評価を得ています。


「利尻ヘアカラートリートメント」の主な保湿成分は、天然利尻昆布。


ミネラル、保湿アルギン酸、
保水フコイダンを含み、抜群の保湿力を誇ります。


気になる値段は、
「スカルプDヘアカラートリートメント」が、2800円です。


「利尻ヘアカラートリートメント」が、通常価格3000円ですが、
公式サイトから購入すると、初回限定で2000円です。


なお、「利尻ヘアカラートリートメント」の
色落ちを減らすシャンプーの仕方を、
別のところでご紹介しています。


そちらも参考にしてください♪


 


 

利尻vs泡のヘアカラー!効果や値段を徹底比較!

2017年02月03日 15時17分

siraga.jpg
↓ ↓ ↓
 
rijiri_18.jpg





白髪が気になる30~40代。


定期的に美容院で染めるにも、
時間とお金がかかります。


次に美容院で染めるまでに、
白髪が伸びて見苦しいというのは、
誰もが抱える悩みです。


自宅で簡単に白髪染めをするのに、
最近、人気があるのが、
トリートメントタイプと泡タイプです。


初めて白髪染めを自分でするなら、
泡タイプとトリートメントタイプのどちらが、
扱いやすいでしょうか?


初心者が苦手とするのは、
染めむら無しに綺麗に染めること。


この点で軍配があがるのは、泡のヘアカラー。


泡のヘアカラーの方が、液状のカラーリング剤よりも、
染めむらが起こりにくいとされています。


不器用な人でも扱いやすいのは、泡のヘアカラーです。

 

泡のヘアカラーのメリットとデメリットは?

shiraga_84.jpg


不器用な人でも、染めむらが起こりにくい泡のヘアカラー。


泡が、髪の毛の隅々まで行き渡るのが、
最大のメリットです。


櫛を使わずに染められるので、手軽です。


泡のヘアカラーは、
液状のカラーリング剤を泡状にしたものなので、
成分等は、液状のカラーリング剤と変わりません。


初心者でも、扱いやすいのが、一番のメリットです。


デメリットは、リタッチがうまく行えないこと。


リタッチが上手にできないと、髪が傷みやすくなります。


薬剤によって、髪が脱色しやすくなるのが、
泡のヘアカラーのデメリットです。


泡のヘアカラーには、
トリートメント成分が少ないため、
髪の毛の痛みは、進みます。

 

トリートメントタイプの白髪染めで人気の利尻ヘアカラートリートメント!メリットとデメリットは?

riziri.jpg


トリートメントタイプの白髪染めは、
近年、女性の間で、人気が出ています。


トリートメント効果があり、使うほど、
髪にツヤが出るのが、人気のヒミツです。


白髪染めをしながら、髪にツヤを取り戻したいという、
中年女性の願いを叶えてくれるのが、
トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプの白髪染めの中で、
頭皮に優しいと評判なのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」です。


他の白髪染めでかぶれたことがある人も、
安心して使えるのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」


白髪染め特有の刺激臭がありません。


無臭というのも、高く評価される点です。


「利尻ヘアカラートリートメント」で
気になるという声が多いのが、染まり方。


最初は、色が思ったほど入りません。


特に明るい色を使うと、
ほとんど染まった感じがしないのが、デメリットです。


最初は、暗めの色を使うのが、オススメです。


また、毎日使うと、色が定着しやすくなります。


3日連続して染めると、綺麗に染まります。
 

利尻ヘアカラーvs泡のヘアカラー!気になる値段は?

rijri_2.jpg


泡のヘアカラーでは、
「ヘアボーデ」や「ラサーナ」が人気の高い品です。
 
ヘアボーデ ラサーナ 利尻ヘアカラー
7,980円 3,024円 3,000円

2,000円※1

※1ただし、「利尻ヘアカラートリートメント」は、
公式サイトから注文すると、初回限定で、2000円です。


なお、「利尻ヘアカラートリートメント」を使う時に、
色落ちを減らすシャンプーの仕方を、
他でご紹介しています。


そちらも参考にしてください♪