利尻ヘアカラー!汚ったない白髪を色落ちなしで染める

白髪で汚くなった髪を自然で綺麗な髪の毛に染めるなら利尻ヘアカラートリートメントがお勧め!色落ちなしで綺麗な髪の毛に染まる

  • トップページ

人気は嘘!?利尻ヘアカラーは色落ちするって本当?

siraga.jpg
 
button2_3.jpg




売り上げ日本一を誇る、
トリートメントタイプの白髪染め。


利尻ヘアカラートリートメントです。


人気の品だけに、口コミは、多数。


ただし、気になる口コミも。


「色落ちする」という口コミが、
しばしば見られます。


利尻ヘアカラートリートメントの色落ちは、
どうなのでしょうか?

 

利尻ヘアカラートリートメントをした後が重要!?

shiraga_6.jpg


利尻ヘアカラーを使用して、
色落ちしたというケースで、
最も多いのが、染めたその日に、
シャンプーで洗ったというものです。


染めた後の洗い流しは、
十分にする必要があります。


ただし、シャンプーで洗うと、
色落ちしてしまいます。



染めた直後の洗い流しは、
お湯にしましょう。


温度は、低めがベスト。


熱いお湯では、
キューティクルが開いて、
色落ちを促します。


温めのお湯で洗い流しましょう。
 

白髪染め後に色落ちしないシャンプーと色落ちするシャンプーの違い

riziri_2.jpg


染めた後は、
洗浄力の強いシャンプー剤の使用は、
控えましょう。


利尻ヘアカラートリートメントは、
ヘアマニュキュアタイプの白髪染めです。


ヘアマニュキュアタイプは、
髪の外側を覆う形で、
白髪をカバーします。


洗浄力の強いシャンプー剤を使うと、
色落ちしやすくなります。


アルカリ性シャンプーは、
白髪染めの色落ちが目立つシャンプー剤です。


ヘアマニュキュア用の
シャンプーというのが、あります。


特別なシャンプー剤を用意するのは、
面倒という人には、
アミノ酸系シャンプーがオススメです。


アミノ酸系シャンプーにすると、
色落ちが落ち着いてきます。


 

利尻ヘアカラーの後はドライヤーを使ってイオン結合を促進!

riziri_3.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
ヘアマニュキュアタイプの白髪染めです。


ヘアマニュキュアは、一度乾くと、
その後は、あまり色落ちしません。


シャンプーした後、
タオルドライで済ませるのではなく、
ドライヤーを使って、
しっかりと髪を乾かしましょう。


ドライヤーで加熱することで、
イオン結合が促進されます。


イオン結合が促されることで、
色が固定させやすくなります


 

白髪を染める前日もシャンプーには気をつける?

riziri_4.jpg


さらに色落ちしにくくするには、
利尻ヘアカラートリートメントを
使う前の日のシャンプーも、工夫しましょう。


シャンプー剤にシリコンが含まれていると、
色落ちが目立ちやすい傾向があります。


シリコンに邪魔されて、色が入りにくいからです。


利尻ヘアカラーで染める前にシャンプーする時は、
ノンシリコンタイプのシャンプー剤を使用しましょう。

シリコンに邪魔されず、色が入ると、
染めた後の色落ちも、変わってきます。